• 横山昭弘

そろそろ活躍しそうデス

このところは、日差しはキツイものの、夏のそれとは異なりまして、

通る風が随分と涼しくなって来ました。

こうした時期は、スタート時こそ『寒いかな?』と思いがちですが

いざ走り出しますと、結構暑かったな となる気候であります。

そんな折に活躍しますのが、ウィンドブレークベスト

写真のように真冬用のジャージと合わせますと、少々頑張って走ったりなんかしましても

熱くもなく、寒くもなく、程よい走りが可能となります。

こちらのベストは厳冬期向けとなっていますが、今期は3種類が登場しております。

走行時の気温と個人の負荷に合わせて選べば快適なライドが楽しめますのでご紹介!


一つ目は、コンパクトにも畳めるペラペラ系『BUSTI VEST』

空気抜きも何もありませんが、身体にピタっとフィットして、パタパタしません。

熱くなったら脱いで背中のポケットへ仕舞うタイプとなります。

暑がりの方ならば、真冬でもジャージとこれだけで過ごせちゃうかもしれません。



二つ目は、基本的に着っぱなしタイプの『AIRMA』

生地には、Gore-Texインフィニウム(旧名称ウィンドストッパー)を使用していますので

前述のBUSTIに比べますと、着用し続けていても蒸れにくくなっています。

但し、コンパクトにはなりませんので、温度と負荷を見誤りますと『あヅイィィ〜』

『脱ぎテェェ〜〜』となりますので、注意が必要です。



最後はかなりの厳冬期用ベスト『ARRI』

前述の二つと比べますと『ダウンかよ!』と言うほどの保温性を備えたモデルです。

そんなに暖かいのに袖なし?と思えますが、真冬でも腕まくりしたくなるような場面に

なっちゃうような時には抜群にナイスな商品です。

去年はアンダーを豪華にしまして、その上へ透湿性の低いジャージ

更にその上へこのベストを着込みまして、非常に快適な厳冬期を過ごしました。





袖が無いため、肩から腕への突っ張りが無く、動作が快適になるのがベストの良い点です。

日本ではあまり馴染みの無い商品のため、輸入元さんの在庫も限られています。

御興味有る方はお声かけ下さい。

ベスト贔屓&愛用家としまして、普段以上に濃いめのご説明をさせていただきます。

53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示