top of page
  • 執筆者の写真横山昭弘

チェーン潤滑 この組み合わせで!

しばらくテストしてみたチェーン潤滑剤

3つの組み合わせを試してみたところ、自分の好みに適したセットが決まりました。


今朝は雨上がりのファーム会を50キロ程走行して来ました。

フレームは泥はねで結構汚れましたが、チェーン、スプロケはご覧の通りです。

この状態が300キロ程使用した状態となります、非常にクリーンな印象です。

(ロー側3枚はテスト中は使用しなかった模様で、汚れていません)

ドライ系故か?、200キロを超えた辺りから独特の音がするような、しないような。

いわゆるチャラチャラ音では無いので、神経質にならなければ気にならない程度でした。

漕いだ感覚は何と無く、軽いよ〜な、、、これは気のせいかな。。。



ちまみにこちらが施工直後の走行前、これが続いてたら驚きでしが、そうは行かず。。。




こちらはNGだったオイルとの組み合わせ例、僅か35キロでこの汚れ

特に滑らかさある訳でも無く、選ぶ理由は見当たりませんでした。

強いて言えば、雨天走行時だと良いのかな?でも危ないので、雨天テストはしません。

*スプロケットは酷い汚れ様ですが、チェーンの側面は『Dela Dry』の特徴が現れて居る

 ようでクリーン、リンクへ給油したオイルがチェーン下側へ落ちて黒くなっています。

 それがスプロケットへ付着してしまうのですね。



毎日毎日、スプロケットとチェーンの写真ばっかり撮ってたら、とにかくキレイが一番!

って感じになりまして、早く掃除したくてたまりませんでした。

それと、汚れ具合で使用頻度が高い歯数が判明しまして、スゴーーーイと驚き。

近頃のハイテク機材ですと、その辺の解析もメーターとリンクして出来ちゃうんですが

全てがローテク世代と言うことを改めて実感の数日でもありました。

自転車サイコ〜〜〜〜!

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page