• 横山昭弘

上には上が居ます

更新日:10月2日

今日は楽しみにしていた 少し低め空気圧 で走って来ました。

いつもは5.5なので、4.5行ってみよう〜と思ったのですが、意気地がありません。

初日という事で5.0

平坦では極端な違いは感じられませんでしたが(1.6の時は解りましたぁぁ〜)

登りでその効果を実感して参りました。

チューブラー特有のサイドのしなり+タイヤのクッション性が上がり、トラクションは最高

なので、ダンシングした時の 貯め が全然違いまして、リズムを取りやすく、快適。

軽い乗り心地とは言えませんが、路面との接地時間が更に伸びたので、効率は抜群でした。

(路面とタイヤが擦れるジョリジョリ音だけは気になりましたぁ〜)

それと、白線の上を走った折、3車線分に感じました。

ど真ん中、少し左寄り、右寄り 低圧により弾かれる感覚が下がり、

思い通りのラインをトレースし易くなります。サイコー!


と、低圧空気圧いのち! みたいに悦に浸っている脇を登園で前後に子供を乗せた

ママチャリが通り過ぎて行きます。

フとタイヤに目をやると・・・リムが地面に着きそうな程ペコペコ。

ヤクルトレディーの自転車だって負けてませんでした。

気になりだして、通るソレらしい自転車を片っ端からチェックしたんですが

皆さんほぼ シャコタン 4.5 敗れたりィィ〜って気分・・・

オレなんて未だ未だだなぁ〜と撃沈の今朝でありました。。。

折角だからとアントワープエビックのように荒れた路面を!と出向いたものの、

リム打ちにビビリが入りまして、早々に退散。

修行は続きますデス!





96回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示