• 横山昭弘

今度はエンデュランスロード by GHISALLO

新型フレームセット『GE-110』は、単なる「エンデュランスバイク」ではなく、

「速く・快適に走れるバイク」がコンセプト。

監修を務める プロサイクリスト三船雅彦氏 と共に、構想から約2年以上の開発及び

テスト走行を繰り返して遂に発売に至ったそうです。

8月に開催されたウルトラロングディスタンスブルベイベント

「LEL(ロンドン・エディンバラ・ロンドン」での最終テストでは、1,540Kmを

92時間02分で完走し、その信頼性を実証しました。

渋めのカラーは氏の『燻し銀の走り』をリスペクトし、イメージしたシグネーチャーカラーとなって居るそうです。


先日開催されたグラベル世界選手権では、上位選手はロードバイクに太めタイヤでした。

そうした流れから見ますと、ロードオンリーやグラベル一筋みたいなモデルでは無く、

こうしたモデルが今後の定番と成って行くのでしょうか。。。

興味を引くものがイッパイ有り過ぎて、困りますぅぅ〜〜。





明日も『BTご近所ライド』開催しまーす。当店に8時集合出発 10時頃解散デス!

閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示