top of page
  • 横山昭弘

冬場の納得グローブ

自転車に乗る時は、転倒時などに手を保護する目的でグローブをはめます。

勿論、寒い時期には防寒対策としても必須となります。

素手の感触は非常に良いことは当たり前ですが、怪我防止も必須ですので

是非とも着用したいものです。


今朝は比較的暖かだった横浜、少し薄手タイプを試してみましたが

乾燥するこの時期はグローブの中で自分の手が遊んでしまうのが少し気になります。

そこで登場するのがこちらのグローブ

本来は雨の日を想定して居る模様ですが、冬場であれば何ら問題はありません。

多少蒸れますが、冷たくはありませんし、蒸れるほどですから当然暖かい。

そして最も重要なポイント『グローブの中で自分の手が遊ばない フィット感』

着用後の少し汗ばんだ手で、脱ぎ着するのは面倒ですが、それ以外はバツグン。

手首が長く作られて居て、冷気の侵入を防ぎ、お肉の少ない手首付近を寒さから守ります。

形状も握った状態に近い裁断で、ハンドルに添えた感触が非常に自然です。


ハンドルとレバーに接する手のひら側には、滑り止め加工が施されています。

また、その部分に縫い目が無く、握った際の違和感も軽減されています。


わざわざ縫い込まれた中指と薬指 握り込んだ際の突っ張り感を

緩和する狙いなのでしょうか?

防水素材と言う点でそのような感覚かな?と腹をくくっていましたが

それを裏切る違和感の無さです。


スマートフォンなどの操作は一切出来ません。

そうした機能は不要、乗車時の性能優先!という所も お気に入りです。

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page