top of page
  • 執筆者の写真横山昭弘

竹を原材料にしたフラットハンドル

ニュージーランドのカヤックパドル職人が40年以上の経験から編み出したハンドルバー

見た目も気を引きますが、『しなり』が生む振動吸収、減衰、かなり期待出来るようです。

まるで家具のような風合いです。


レバーやグリップは勿論のこと、装備品を装着しても問題が無いようです。


こうして見ますと、板状にした竹材料を積層した特殊製法である事が、理解出来ます。


形状も様々なタイプが揃っています。


お値段もそれなりですが、ちょっと興味そそりますねぇ〜、色んな物が有るもんです。

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page