• 横山昭弘

RUDYPROJECT CUTLINE 予約開始

ギラギラ太陽光に向けて、新作が発表されました。


近年多く目にする 視界が広い特徴を持つレンズ一体型モデル。

現行モデルのトラリクスやディフェンダーと同様に

視力矯正用フレーム(RXオプティカル)をその内側へ装着することが可能です。

装着時は裸眼で、取り外せばコンタクトの使用も可能です。

(加齢と共にこうした情報が気になりだしてます。。。。)

ちなみにそのオプションパーツはトラリクスシリーズと共通になります。


ぱっと見、ディフェンダーの後継機種のように思えますが、少し様子が異なります。

よく見るとレンズ上部にフレームは無く、フレームは両脇のみ。

レンズはそこで接続され、ワンプッシュで脱着が可能となっています。

また、レンズ上下には転倒時にそのエッジから顔を守るダンパーが装着されおりますが、

これは取り外し可能ですので、フィット感や視野の確保、カラーコーディネート等

カスタマイズすることも出来ます。

そしていつもの通りに、鼻と耳の接触する部分は、自在に調整することが可能です。


2020年のラインナップからは姿を消してしまいましたが、下記モデルのような

MASK シリーズの後継と考える方が正解のようです。

SPORTS MASKを愛用して居た身としては、試さねば!と少々鼻息が上がっています。

(でも、デフロストは素晴らしいハズ!なので、鼻息くらいじゃ曇らないでしょうね。)

今は予約段階ですが、春先には入荷の見込み、今から楽しみです!





以下がフレーム及びレンズがセットされたラインナップとなります。

レンズカラー、ダンパーカラーの変更は、オプションパーツが別途必要となります。

Impact X 調光ブラックレンズ(ブラック⇄クリア)

スピードスケートの加藤選手を連想しますぅぅ。

Impact X 調光レッドレンズ(レッド⇄クリア)

微妙な薄赤いレンズがカッコイイんだけど、赤いダンパー目立ち過ぎるかな?

Impact X 調光パープルレンズ(パープル⇄クリア)

久しぶりの白いフレーム、新色のパープルレンズもカッコ良さそう。コレかな?!



マルチレーザーゴールドレンズ

オリンピックイヤーだから、 ゴーーーーールド 惹かれるなぁ〜。

スモークブラックレンズ

シブい!! レンズだけオプションしちゃおうかなぁ〜。

マルチレーザーレッドレンズ

オレンジフレームとホワイトのコンビネーションって今はマチューのイメージだぁ〜。

マルチレーザーオレンジレンズ

近年のド定番カラーって感じ。

マルチレーザーアイスレンズ

このカラーは実物見ないと何とも言えない気がするなぁ〜。


39回の閲覧

© 2019 BIKE TOWN